「スポンサードリンク」

2014年02月04日

簡単心理テスト 能力・社会性診断I 集合写真での立ち位置

  簡単心理テスト
 能力・社会性診断とは?
人間の心の奥底にある潜在意識に介入し、心理診断を行うことにより被験者が潜在的に持つ能力を浮き彫りにしあなたの社会性を評価してしまう少し面白いようで本当は怖い心理テストです。

自分にはいったいどのような能力が備わっているのか、そしてそれは社会の中できちんとコミュニティを形成し上手く機能しているのか。
社会は対人コミュニティの中で成り立つもの。一人の時は穏やかな性格でも、学校や会社など組織の中では心底から湧き上がってくる抑えられない感情。
心理テストを通し、そんなあなたの心の底に潜む本音を浮き彫りにします。
もし現在なんらかの対人トラブルを抱えているなら、診断結果からもう一度自分を見直してみるのも吉、上司など目上の人との円滑なコミュニティ形成の役に立てたり、部下や後輩の育成への活用、また将来を共に担うビジネスパートナー探しとして参考にしてみるのも良いかと思います。
社会組織に身を置くあなたが深層心理で抱く本音、そしてそんなあなたの社会適応能力は・・・

 あなたは有能、それとも無能? どんな社会人? 
 あなたの社会での存在価値をジャッジ
 


 能力・社会性診断I

 今日は卒業式、お世話になった先生を中心に集合写真を撮ることになりました。
あなたも写真にうつる学生のひとり、特に立ち位置は決まっておらず好きな場所でうつっても良いとのことです。次に挙げる5つの内、あなたならどの位置を選びますか?

【A】先生のすぐ隣の位置。

【B】先生の真後ろの位置。

【C】先生から横ひとりおいた位置。

【D】全員から少し距離をおいた位置(誰とも密着しない)。

【E】目立たない列の端位置。

※結果は続きを読む以降になります。


『スポンサードリンク』




結果

能力・社会性診断I 写真の立ち位置でみる社会的態度(性格・能力)診断

 【概要】
アメリカの心理学者であるR・U・アカーレット氏が著書した【フォト・アナリシス】という書籍の中に、集団で写真を撮るときの立つ位置によって人の深層心理にある性格や能力がわかるという説が記述されています。
立ち位置にどの場所を選ぶかは、あなた自身が持つ自意識の強弱、一緒にうつる人への関心度、写真を他者に見られたときの自己満足度などが反映、つまりあなたの心の深層にある社会的態度を暴くものになります。
あなたが選んだ立ち位置は? さっそく診断結果に入っていきましょう。


 【A】先生のすぐ隣の位置。
先生のすぐ隣、先生にもっとも密接した位置を選んだあなたは実力以上の自分を周囲に印象づけたいという意識をもつ自己顕示欲の強い性格の持ち主。自己アピールが目立ち、常に自分が中心に立ち周囲から注目を浴びたいと思い願うタイプ・・・ですが、ただの目立ちたがり屋で終わらないのがこのタイプの良いところ。
自身のポジションを維持するための自分磨き(自己成長)とその向上心は相当なもの、誰にも見せないもうひとつの顔は陰の努力家。

 【B】先生の真後ろの位置。
 【C】先生から横ひとりおいた位置。
上記2つの立ち位置を選んだあなたは何事においても平均以上の能力を発揮し、どのような状況に身を置いてもある程度は器用に対応出来る順応型タイプ。人間性・能力面・常識面、すべてがそれなりに優れており誰からも慕われるまさに万能人間。・・・ですが、突出した個性(武器)に目立つものを持たない、また目だとうとしないところが少し残念なところ、一歩間違えれば器用貧乏な人生を歩んでしまうことも。
もっと積極的に自分を押し出してアピールしてみては?

 【D】全員から少し距離をおいた位置。
全員から少し距離を置いた位置で写真におさまろうと考えたあなたは、周囲の人に関心を抱かない反抗的なタイプ。このような反社会的態度は自身の能力に対する【自信】が顕著にあらわれた結果と読み取れます。
『自分は他の人たちとは少し違う』という考えが周囲の人との距離をとり、それがそのまま集合写真での立ち位置に反映されているのでしょう。
性格はとにかく自信家・・・といえばあまり印象は良くありませんが、その自信を裏付ける能力値はかなり高めの方がこのタイプには多いようです。横並びの社交性は決して高いとはいえないので、将来は人を統率するようなカリスマポジションを目指してみると良いかもしれません。

 【E】目立たない列の端位置。
一番目立たない列の端位置を選んだあなたは、良く言えば慎重で控えめ、悪く言えば臆病で少し大人しすぎるタイプ。基本的には自分にあまり自信を持てない、また上手く自分をアピール出来ない方がこのタイプに該当する傾向にあるようです。
優しくて真面目、何事にも控えめで出しゃばらない社交性に優れた性格は目立たないながらも周囲からの印象は良好、誰からも一定以上の好感度を持たれているはず。・・・ですが、いくら好感度は高くても社会面では損をすることが多いので要注意!ときにはなり振り構わず自分を積極的に売り込み最低限の社会的ポジションを確保することも必要、なんでもかんでも後手回りの控えめ受身人生はなかなか辛いもの、なによりあなたが持ちうる有能な個性を殺してしまうことは非常に勿体無いことです。

 ※ちょっと雑学
 ドイツの独裁者であったアドルフ・ヒトラー氏の学生時代の写真、どの写真においてもヒトラー氏は端位置でクラスメートから距離をとり陰に隠れるように立っているものがほとんどだといわれています。
これはヒトラー氏の持つ本来の性格が【臆病で神経質】だったことをあらわしていると専門家の間では分析されています。

『スポンサードリンク』



posted by ころん at 04:15 | Comment(2) | 能力・社会性診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直に言うと中学や小学校の先生に一人は
反抗的に思っていますしたね。新しい担任
赤ちゃん生んだ先生もいて相手にされなくて
「乃恋さんの為に言ってますよ」って言われても恩着せがましいと思ってました
Ⅾをサラッと選んだけど当たりました沢山作って凄いです自分の意見に自信ありますね普段。
Posted by 乃恋「のれん」 at 2015年02月12日 13:30
 乃恋さん、コメント有難うございます。
また返信が遅くなり申し訳ありません。

心理テスト、実践だけでなく感想も記述していただけ嬉しく思います。
最近はなかな更新出来ず停滞しがちなサイトですが、今後も宜しくお願いします。
Posted by 管理人 at 2015年03月20日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: